♯柴犬 豆柴 コロ助 いんちきSPRINT

柴犬と、豆柴の境界線…コロ助のあしあと🐾

奔放に生きるコロ助(豆柴?柴犬?)、コロ助をイヌ可愛がりするご主人様(アキさん)の一人と一頭の日々を綴る、作者(Snowkey)とアキさんによる備忘録…など

車とコロ助と、アキさん

コロ助は、1匹でのお留守番が出来ません。これはアキさんの飼育方針から練習もしておりません。

 

だから、コロ助と一緒にお留守番の時は、少しアキさんや僕の姿が見えなくなると、クンクン、ワンワンではなく…

空を見上げアォ〜〜〜ン!と遠吠えをして僕らを呼びます。

f:id:Snowkey:20170810063424j:image  

それは悲しげな哀愁を感じさせる声です。

 

だからコロ助と、僕らはいつも一緒です!

アキさんはいつも、車で出かけます。

だからコロ助も車に毎日乗ります。

最初はクレート(運搬用ケース)で良かったのですが、大きくなるにつれ窮屈になり、今は車用のケージを使用しています。

f:id:Snowkey:20170810064337j:image f:id:Snowkey:20170810070002j:image

コロ助は、子犬の時から車に乗せているので車に酔いません。

 

ケージは一面がジッパーで開閉できるので自由に出入りできますが、締めている時は大人しく中にいます。

 

時々を乗り越えてしまいますが、「おっとっと…いかん、いかん(汗)」みたいな感じに慌てて戻る姿は可愛らしいです。

 

いまは、慣れたこともあり買い物で荷物が多い時以外はほぼ開けっ放しなので、寝る時だけケージに戻り寝ています。

 

でも、コロ助は狭くても馴染んだクレートが快適なようで、自宅では好んで中で寝ております。

 

f:id:Snowkey:20170810065705j:image

クレートを出すと出かけるのが分かるのかダッシュで中に入ります。 

 

半年でこのサイズに変わりました(笑)

f:id:Snowkey:20170810071114j:image f:id:Snowkey:20170810070143j:image

窮屈になるわけですね(^^;;

では、また。